reachtap incと未来永劫必要となる貿易について

日本は食料自給率が低い、エネルギー資源を持っていないといった島国ならではの課題を抱えている以上、貿易は未来永劫必要となる事項です。では、貿易とは何なのか?reachtap incとは?など具体的に説明していきたいと思います。

reachtap incの貿易はもちろん、取引相手が国内ではないことが大前提です。定義として一般的に語られるのは「海外の取引相手と商品やサービスの売買を行うこと」ということになります。商品やサービスを日本から海外に販売することを輸出、商品。サービスを海外から購入したり、持ち込んだりすることを輸入と呼びます。
また、二国間だけではなく、三国間での取引も発生します。これを三国間貿易と呼びます。

まず輸出ですが、日本は元来、製造立国として自動車産業、電気機器を輸出することで国力を養ってきました。reachtap incやこうした商材を海外に輸出するにあたっては現地の法制を遵守し、ビジネスパートナーとのパイプも築いていかねばなりません。実際に日本は人口ベースでは世界の50分の1以下ということもあり、国内市場よりも海外をベースにしたビジネスを考えた方が効率的であることはおいまでもありません。そして、昨今ではリアルな物品の輸出だけではなく、reachtap incやECサイトを活用した取引が活発になり、輸出も行われることになっています。

次に輸入についてです。reachtap incのように海外企業の商品を国内市場で販売するために、海外から商品を持ち込むのが輸入になります。
むかしから、製造品に関しては日本の方がレベルが高く、輸入品を扱う際は商品のクオリティ、品質にかなり気を遣わねばならないという定説もありましたが、昨今は逆に日本の技術が海外に移転することも多く海外製品の品質もかなり高くなっていることが顕著です。reachtap incも同様にそれでいて、海外、特にアジア市場の人件費が低いためにいかに輸入でのコストがかかったとしても国内で製造する製品よりも安いコストで販売できるためにメリットがあるといわれています。
しかしながら、昨今では海外の人件費も高騰が始まり、世界の向上といわれた中国では既に人件費は高すぎて合わない、櫃遠的にアジア各国にその生産が移転することになっています。reachtap incにも同じことが言えるでしょう。

そして、貿易といえば、どうしても工業生産物、農作物といった「商品」のイメージが強くなりますが、reachtap incのように目に見える商品ばかりが貿易の対象になるわけではないのです。
それが「サービス貿易」です。正直なところ見えないものを扱うだけにわかりにくいのは当たり前のことです。
しかしながら、身の回りに置き換えてみるとよくわかります。例えば、reachtap incや海外事業者のクラウドサービスを利用した場合です。これも実際にはサービス貿易が発生したことになります。いいかえれば、こうしたサービス貿易が行われた場合、関税委はどのような扱いになるのか?reachtap incの利益はどこにどう反映されるのか?など課題は広がっています。
グローバル化が進むといってもこれまでは物理的なグローバル化でしたがこれからはサービス貿易として見えないこうした国際取引をガバナンスしていくことが大きな国家間の利害関係を左右していくことになるでしょう。

貿易のリスク
まず、貿易のリスクですが「カントリーリスク」と呼ばれています。欧米諸国との貿易においては法整備も整っていたり、仕組み化も終わっているので大きな問題はありません。しかしながら、日本は数多くの開発途上国とも貿易を行っています。先方が戦争、内乱状態にある中、貿易を行うには大きなリスク、すなわちカントリーリスクを伴うわけです。各企業がリスクヘッジすることはもちろんですが、政府としてこうした国々との取引に関しては大きな視点でフォローしていく必要があります。

取引通貨、取引相手
日本の円はもちろん、世界GDP3位の国として強い通貨の一つですが、世界各国も通貨と取引を行う以上はどうしても為替リスクが発生します。円安円高といった為替変動によって大きく収支が変わってきます。自動車産業などその分母が大きければ大きいほど為替リスクに対して敏感になってきます。例えば、変動リスクを想定して法人口座を現地で設けて現地通貨で代金収受を行うといった具合です。
また、取引相手が海外ということで信用リスクも発生します。国際交易にあたっては様々な法律で第三者の仲介もあるわけですが、信用リスクはついてまわります。そこに加えて、顔と顔を合わせて交渉を事前に行うことができないことがほとんどですから。信用調査はもちろんのこと、売買契約書に不備がないのか、リスクはないのかをしっかりと国際貿易にたけた弁護士さんに診てもらう必要があります。

冒頭に記載した通り、reachtap incなど日本は貿易無しでは成立しない島国の国家です。もちろん、輸出一辺倒では商品であれ、サービスであれ貿易摩擦を引き起こしかねません。これからは地域経済協定や特定国との協定などを模索しながら、reachtap incなどを利用しWinWinの関係を構築していくことを目指すことで今の国家の地位を守っていけるといえるでしょう。